Windows Embededd

Windows Embededd

Windows Embededd Standard 7

 Windows Embedded Standard 7 はコンポーネント化されたバージョンの Windows 7 で、数千に及ぶ既存の Windows 7 のアプリケーションやドライバを実行する高度な業務用機器や消費者端末を開発できます。
 Windows Embedded Standard 7 を使用すれば、必要なドライバ、サービス、アプリケーションだけを選択できるため、開発する機器における OS のフットプリントを最適化することができます。
 必要なコンポーネントのみを使用することによって、開発時間の短縮、オペレーティング システムの最適化、ハードウェア コストの抑制、起動可能なカーネルによる 40 MB ほどのサイズへの調整が可能になります。
 Windows Embedded Standard 7 はシン クライアントやMFP(マルチ ファンクショナル プリンター)などの機器に使用されます。

HP 4320t

 HDDを持たないセキュアな設計により、盗難による
 データ閲覧が不可能。
HP t5740・t5745

 低消費電力・ハイパフォーマンスを両立した、
 デスクトップ型シンクライアントモデル。
page top