WYSE

WYSE

Wyse Thin OSは、Citrixソリューション(XenApp、旧Citrix Presentation Server、XenDesktop)、Microsoftソリューション(Terminal Service, Remote Desktop Protocol, リモートデスクトップ)、VMware VDI(View)ソリューション、その他仮想デスクトップ/ブレードPCソリューションを中心とした、画面転送型/仮想デスクトップ型ソリューションに最適化されたWyse独自開発のシンクライアント専用オペレーティングシステム(ファームウェア)です。

Wyse Thin OSの特徴

 シンクライアント専用OSであるWTOSは、超コンパクトなOSサイズ (サイズ2~8MB)、高速な起動時間(6~10秒程度)、OS自動/高速アップデート(約20秒以内)、更にシンクライアント端末の設定を必要としない「ゼロコンフィグレーション」など、通常のシンクライアントに比べて格段に導入・管理コストを削減することができる本当の意味でのシンクライアントです。
 また、汎用的なOS(Windows XPe, Windows CE, Linux)をシンクライアント化した製品とは異なり、一切OSのAPIを公開しないWyse独自のオペレーティングシステムであるため、市販製品の中で最も安全性の高いシンクライアントオペレーティングシステムの一つです。

ゼロコンフィグレーション :箱を開けて設定なしでサーバーに接続

 WTOSの最大の特徴である「ゼロコンフィグレーション」により、Wyseシンクライアント端末は一切のカスタマイズ設定が不要になります。 これにより、シンクライアント端末の配置や設定にかかるコストを大幅に削減することができます。

Wyse TCX Suite 4.0 (通常PC並に機能拡張)

 Wyse TCX Suite 4.0は、既存のWyse TCXソリューションをすべて1つの製品に統一するとともに、新機能を追加して新しく生まれ変わりました。Wyse TCX Suite 4.0内の各基盤ソフトウェアコンポーネントは、Microsoft Terminal Services、Citrix XenApp™、Citrix XenDesktop™ およびVMware View™ の環境内でシームレスに機能するように設計された機能拡張コンポーネントを供給します。Wyse TCX Suite 4.0には、Windows 7、Windows Server 2008 R2を含む包括的なプラットフォームサポートが含まれており、XenDesktop 4およびVMware View 4に対するサポートも提供します。



 Wyse TCX Multimedia は、より豊かなユーザー使用感を実現する、ローカル クライアントへのマルチメディア コンテンツ配信を効率化するソフトウェア ソリューションです。マルチメディアは、研修手段や企業の情報活動として普及しています。これまでは、シンコンピューティング環境でのマルチメディア再生には多くの制約がありました。Wyse TCX Multimedia は、このような制約を取り除く画期的なテクノロジーです。これは、クライアントとサーバー間でマルチメディア処理タスクを動的にリダイレクトするインテリジェント機能をもった、サーバーとクライアントの両方のコンポーネントを特徴とするソフトウェア レイヤーです。

デバイスのローカル処理パワーを使用するシンクライアントでは、マルチメディア ストリームはローカルでデコードされるため、オーディオとビデオの完全に同期した使用感が得られます。

 
 Wyse TCX Multi-display 仮想化ソフトウェアは、仮想デスクトップやアプリケーションが複数モニターを認識できるようにします。

 


 
 Wyse TCX USB Virtualizer は、Wyse シンクライアントに接続されたローカル USB デバイスを、仮想デスクトップ環境で直接検出可能にするソフトウェア ソリューションです。この特別な機能拡張は、シンクライアントを配置する際の USB 周辺機器の問題を解決します。限定されたローカル デバイス ドライバによる妥協をしないで済むようになりました。サポートされるデバイスには、USB ベースのプリンタ、スキャナ、記憶装置、Palm、BlackBerry、Pocket PC ハンドヘルド、Web カメラ、ヘッドセットなど、これまでにない広範囲なデバイスが含まれています。Wyse TCX USB Virtualizer は、仮想デスクトップにインストールされた USB ドライバを Wyse シンクライアントにリダイレクトして、ネットワークを横断するインテリジェント仮想 USB ドライバ ブリッジとして機能します。

 
 Wyse TCX Rich Sound は、仮想デスクトップやアプリケーションに双方向のオーディオ機能を提供します。これにより、ユーザーはUSBヘッドセットを直接Wyseシンクライアントに取り付けて、Microsoft Windows XP Pro 仮想デスクトップで実行される Cisco IP Communicator、Avaya Softphone および Elluminate などのIPソフトフォン アプリケーションでオーディオ入出力を行うことができるようになりました。また、Wyseのこの画期的なテクノロジーは、音声の録音および再生アプリケーションをサポートしています。

 
 Flash Acceleration により、Wyse シンクライアント ユーザーは、Flash ビデオ コンテンツの向上したパフォーマンスをリモート コンピューティング環境で体感することができます。TCX Flash Acceleration がネイティブの Flash メディア ストリームを高ビットレートのモーション JPG コンテンツに変換すると、変換されたコンテンツは高速なローカル レンダリングを行うためにクライアントに配信されます。結果の「映像」は別個の仮想チャンネルでクライアントに「リダイレクト」されるため、フレーム レートや圧縮のより高度なコントロールが可能になり、ユーザーの使用感を向上します。Flash プレーヤーをクライアントにインストールする必要がありません。

 
page top