システムのリプレース

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ[小]
  • 文字サイズ[中]
  • 文字サイズ[大]

旧OSに対応したH/Wがない

◆最新のサーバには、旧OSが非対応な為そのまま入れ替えることが不可能。

システムのリプレース条件としては
 ①H/Wの保守が切れ障害時の復旧が困難な為
  リプレースを行う
 ②ソフトウェアのサポートが切れ、仕方なく
  リプレースを行う
 ③リース満了の為リプレースを行う
等があります。

 企業では、上記の様に不本意なリプレースをする事は往々にしてあります。
また、新OS・新システム入れ替えを行うには、情報システムのご担当者様が、長時間の稼働検証を行いリプレースを行います。不本意なリプレースによって引き起こされるこれらの時間は、まったくもって無駄と言えるでしょう。

 
 

使用頻度が低いのに・・・

◆使用頻度が低いシステムなので、ハードウェア保守切れに伴いアプリケーションをアップグレードしてまで入れ替える必要性がない。
しかし、このシステムが無いと困るので、多額の費用をかけてリプレースしなければならない。

 
 
 



 

将来のリプレース像

◆今後、不本意なリプレースを行う必要がなくなり、レガシーシステムをそのまま使用できるようになる為、コスト削減が大幅に見込めます。
page top